私は助産師、今日も休みなし


カテゴリ:未分類( 38 )



九州北部と山口が梅雨入り 平年より7日遅く(産経新聞)

 気象庁は12日、九州北部と山口県が梅雨入りしたとみられると発表した。平年より7日遅く、昨年よりは9日遅い。

 同庁などによると、平年ならば本州の大部分も梅雨入りしている時期だが、偏西風の影響で梅雨前線が日本列島に北上できず南海上にとどまっているため、入梅が遅れているとみられる。

 ただ、同庁では、まもなく本州でも、順次梅雨入りするとみている。

【関連記事】
近畿遅れる梅雨入り 田植え農家やきもき ビアガーデンは盛況
梅雨快適グッズ「普段着」感覚 水はじく絹・部屋干し洗剤… 続々登場
矢野抜けでトラに梅雨空、調和役欠けベンチのムードが一変
梅雨前掃除 風通しよくしてカビ防止 洗剤の使い方に注意と工夫
梅雨でも快適 おしゃれ雨具 機能性・デザイン、さらに進化

<動画>「ユーチューブ」使い違法配信 中3少年を逮捕(毎日新聞)
国民新党幹事長に下地氏 自見氏は副代表(産経新聞)
<菅首相>11日に所信表明演説(毎日新聞)
長妻氏 子ども手当「満額支給非常に難しい」(産経新聞)
<口蹄疫>菅首相、初動対応徹底を指示 政府対策本部会合(毎日新聞)
[PR]
by thgm6xzm6c | 2010-06-15 22:15


口蹄疫特措法、4日施行(時事通信)

 農林水産省は3日、口蹄(こうてい)疫対策特別措置法を4日に公布し、即日施行すると発表した。宮崎県でのまん延を防ぐため、健康な家畜でも予防的に殺処分できる規定を盛り込んだほか、被害を受けた畜産農家への損失補てんなどを定めた。
 同法は、与野党合意に基づく議員立法として5月28日に成立。施行規則などの決定は、6月4日の閣議で行う予定だったが、鳩山内閣の総辞職が見込まれることから、3日に持ち回り閣議を開いた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
日本製の粉ミルク、販売中止=口蹄疫警戒で
口蹄疫被害、月当たり33億円=鹿児島県
政策推進、許されない空白=国内外の課題目白押し
家畜伝染病予防費は「改善」=農水・財務両省が仕分け

日本の後発品市場「非常に興味ある」―サノフィCEO(医療介護CBニュース)
退陣前にねぎらい次々=鳩山首相(時事通信)
本編冒頭の38分間や初日舞台挨拶をUstreamで配信――映画「RAILWAYS」(Business Media 誠)
鳩山首相「社民党に協力のお願い、これからも」(読売新聞)
高知のKと岩手のIで「K・I援隊」互いに交流(読売新聞)
[PR]
by thgm6xzm6c | 2010-06-04 16:39


<阿久根市長>違法降格 自治労弁護団、地方公務員法違反容疑で告発へ(毎日新聞)

 阿久根市の竹原信一市長が、同市公平委員会による「違法」との判定に従わず、降格させた職員3人を元の役職に戻していない問題で、自治労県本部の弁護団が25日、判定に従うよう要請する「通知書」を竹原市長あてに郵送した。到着後1週間以内に竹原市長が態度を改めない場合、地方公務員法違反容疑で鹿児島地検に告発する方針。

 公平委は判定翌日の2月24日、地方公務員法に基づき、竹原市長に対し3人を元の役職に戻すよう指示したが、竹原市長はこれを拒否。弁護団は、今月24日で市長側の再審請求期限(3カ月以内)を過ぎたため、通知書の送付に踏み切った。地方公務員法は「指示に従わない場合、1年以下の懲役または3万円以下の罰金を科す」と規定している。

 判定書によると、竹原市長は09年4月の人事異動で10人を降格。この際、地方自治法の規定に反し、処分理由を記した「説明書」を交付しなかった。これに対し、課長補佐級に降格された元課長ら3人が同5月「正当な理由がなく不利益を被った」と市公平委に不服申し立て。竹原市長は「適材適所の人事」と反論したが、判定書は「処分の理由を記載した書面を交付しておらず違法」とした。【福岡静哉】

<八街放火殺人>逮捕の男が事件後パチンコ 家賃も振り込み(毎日新聞)
北日本は冷夏に注意=7月は雨多く―気象庁3カ月予報(時事通信)
官民一体の児童ポルノ対策指示=全国少年課長会議で警察庁長官(時事通信)
準絶滅危惧種・ハマボウ群生地に遊歩道整備 和歌山・白浜(産経新聞)
新種の角竜類化石発見=欧州初、アジアから進出か(時事通信)
[PR]
by thgm6xzm6c | 2010-05-28 00:48


民主との連立否定=みんなの党・江田氏(時事通信)

 みんなの党の江田憲司幹事長は16日のフジテレビの番組で、参院選後の民主党との連立の可能性について、「公務員改革や、市場経済への根本的な見方が民主党とは全然違う。絶対にない」と否定した。 

【関連ニュース】
公務員法、修正案提出へ=公明
公務員制度改革で独自案=自民・中川氏ら
鳩山元総務相の発言要旨
「事務次官」存続に総務相が異論=公務員改革法案
4氏が届け出=岐阜市長選

普天間、5月決着断念=地元、米との合意困難−政府(時事通信)
「国民いらだち」支持率20%割れ調査で首相(読売新聞)
タプロスの伸長も国内医療用眼科薬の売り上げは横ばい―参天製薬(医療介護CBニュース)
口蹄疫「特効薬ない」=まん延防止で赤松農水相(時事通信)
壊れたファミコン、今も修理できる?(産経新聞)
[PR]
by thgm6xzm6c | 2010-05-19 10:28


GWの高速、今年も大渋滞=アクアラインは「800円」効果−道路各社まとめ(時事通信)

 東日本、中日本、西日本と本州四国連絡の高速道路4社は6日、ゴールデンウイーク(GW)期間(4月28日〜5月5日)の高速道路の交通状況を発表した。10キロ以上の渋滞回数が408回(昨年402回)、30キロ以上が53回(同58回)に上るなど、「休日上限1000円」割引の実施で利用者が大幅に増えた昨年並みの大混雑となった。
 期間中の1日平均交通量で見ると、東京湾アクアラインの川崎浮島ジャンクション(JCT)−海ほたるパーキングエリア(PA)の区間(神奈川県、千葉県)が前年比14%増加。昨年8月に始まった通行料の800円への値下げなどが影響したとみられる。 

【関連ニュース】
【動画】東日本高速道路 道路管制センター
【特集】渋滞はなぜ起こる?対策は?
連休中の交通事故死111人=65歳以上が半数超
GW、新幹線利用3年ぶり増=JR東海
燃えさかる炎、爆発音も=「真っ黒い煙20〜30メートル」

子ども手当、現物給付も=消費増税は4年後実施−民主の参院選公約案(時事通信)
もんじゅ再開に批判も=反対派が抗議集会−福井(時事通信)
酒飲み自転車でひき逃げ、会社員を書類送検(読売新聞)
新党の統一名簿に慎重 たちあがれ平沼氏(産経新聞)
包丁つきつけコンビニ強盗未遂 容疑の自衛官逮捕(産経新聞)
[PR]
by thgm6xzm6c | 2010-05-12 10:21


仕分け第2弾会場、東京・日本橋の貸し会議室(読売新聞)

 政府の行政刷新会議(議長・鳩山首相)は19日、事業仕分け第2弾の会場を東京・日本橋の貸し会議室「TKP東京駅日本橋ビジネスセンター」に決めた。

 一般競争入札を行い、応札したのはTKP1社だった。

 第2弾は23日から4日間で約50の独立行政法人の約150事業を対象に行う。

愛知5人殺傷 強い怒り、メッタ刺し 1人に17カ所も(毎日新聞)
自民・小池氏が離党届提出(時事通信)
地震に津波、台風…「正しさ」迫られる防災情報 でも本当に必要なのは?(産経新聞)
ビアガーデンがオープン 地産地消メニューも 栃木(産経新聞)
<はやぶさ>6月13日帰還 7年間45億キロの旅終え(毎日新聞)
[PR]
by thgm6xzm6c | 2010-04-24 19:34


新潟県に運転再開申し入れ=柏崎刈羽原発1号機−東電(時事通信)

 2007年の新潟県中越沖地震で被災し、運転停止中の東京電力柏崎刈羽原発1号機について、同社の鼓紀男副社長らは16日、県庁を訪れ、森邦雄副知事に運転再開を了承するよう申し入れた。運転が再開されれば、6、7号機に続き3基目となる。 

【関連ニュース】
東電社長が姿勢説明=プルサーマルで福島県知事に
低炭素社会実現をリード=清水・東電社長〔入社式〕
東電、設備投資12.5%増=5年連続プラス-10年度計画
5月の電気・ガス、全社値上げ=原燃料価格の上昇反映
来春採用、回復鈍く=業績底打ちも増加は2割弱

<ハノイ貿易大>日本語の簿記講座開設へ 学長ら来日(毎日新聞)
<山崎さん>「地球も、私たちも宇宙の一部」宇宙体験語る(毎日新聞)
「子ども手当」はビジネスチャンス 「将来の学資積み立て」−教育にニーズあり(産経新聞)
参院千葉に水野前議員=21日に出馬要請−みんなの党(時事通信)
フル充電で30km、ホンダが電動バイク(読売新聞)
[PR]
by thgm6xzm6c | 2010-04-22 01:45


猿人に近い種が祖先か=インドネシアの小柄な古人類−豪大教授が新説・国立科博(時事通信)

 インドネシア東部フローレス島で約1万8000年前の化石が発見された小柄な古人類「ホモ・フロレシエンシス」を現地で調査している研究者らが来日し、東京・上野の国立科学博物館で17日講演した。オーストラリア・ウーロンゴン大のマイク・モーウッド教授は、フロレシエンシスの祖先は、従来考えられていた脚の長い原人ホモ・エレクトスではなく、脚が短く、より猿人に近いホモ・ハビリスではないかとの新説を明らかにした。
 この講演は、現地調査に参加する同博物館の馬場悠男名誉研究員や海部陽介研究主幹らが、身長1メートル余りのフロレシエンシスの精巧な復元像を作り、展示を始めたことを記念して開かれた。
 人類はアフリカでさまざまな種の出現と絶滅を繰り返してきたが、現在有力な学説では、アフリカからユーラシアへ進出したのは約180万年前のエレクトスと、約10万年前以降の現生人類だけとされ、各地に残ったエレクトスの子孫は新たにやってきた現生人類に駆逐されたとされる。
 しかし、モーウッド教授は、2004年に発表されたフロレシエンスは、全く予想外の人類であり、人類史はもっと複雑で多様だったと指摘。脚が短く、腕が長い骨格は、エレクトスが小さな島に適応して小さくなったのではなく、より猿人に近いハビリスの特徴が残ったとの見方を示した。 

【関連ニュース】
特集・恐竜図鑑〜「砂丘の怪物」化石発見=1億8500万年前の草食恐竜〜
〔写真特集〕生命の歴史 太古の生物
〔写真特集〕巨大海洋生物 ホオジロザメとその仲間
発見化石は新属のクジラ=進化解明に期待
陸上走る鳥の祖先か=新種の化石発見

民主岐阜県連が体制刷新を要求 小沢氏更迭論が背景(産経新聞)
小沢幹事長 両親「偲ぶ会」に2500人 権勢誇示指摘も(毎日新聞)
<虐待>老人施設職員が入所者の裸撮影など 宇都宮(毎日新聞)
エベレスト初登頂の偉業再現 板橋区・植村冒険館(産経新聞)
厚労省内事業仕分け、全健協など対象に―月内予定を発表(医療介護CBニュース)
[PR]
by thgm6xzm6c | 2010-04-20 01:46


山崎さん宇宙でブランド服…芦田淳さん次女デザイン(スポーツ報知)

 米スペースシャトル「ディスカバリー」に搭乗し、日本時間6日に飛行2日目となった山崎直子さん(39)は、宇宙に“ブランド品”の船内服を持ち込んだ。世界的デザイナー・芦田淳さん(79)の次女・多恵さん(45)がデザインした品で、宇宙でもファッションを楽しむ試みは、女性飛行士ならでは。シャワーなし、洗濯もできずと、オシャレとほど遠い宇宙暮らしで、女性らしく“普段着”にこだわる。

 女性デザイナーが手がけた、女性飛行士のための“宇宙用普段着”。打ち上げ時の気密服を脱いだ飛行士が、シャトル内で着るのが船内服で、支給品がほとんどだが、山崎さんは今回こだわりの1着を持ち込んでいた。

 山崎さんの宇宙普段着をデザインしたのは芦田淳さんの次女で、ブランド「ミス アシダ」のデザイナー・芦田多恵さん。女優の藤原紀香や水野真紀らのウエディングドレスも手掛けたことでも知られる人気デザイナーだ。

 山崎さんとは数年前から親交があり、日本滞在中は家族ぐるみで食事をする仲だという。ともに母で妻という立場からエール交換。山崎さんは、昨年、船内服を発注した。同ブランドによると、女性デザイナーが船内服を手がけるのは初だという。

 船内服は、青いニットカーディガンと、紺色のショートパンツ。同ブランドは「体への負担を減らし、肌触りや着心地のよさを実現するため」、上着は縫いしろがない仕様になった。芦田さんは、「作業効率にかかわる動きやすさ、フィット感を重視しました」と説明。また、「男性ばかりという機内環境で、デザインと色の選択には、どこか“優しい”雰囲気を醸し出すよう」に、配慮したという。一般販売予定はない「一品もの」。山崎さんが、どのタイミングで、特注服を着た姿を見せてくれるか、注目だ。

 ◆洗濯いらず下着も 〇…JAXAは昨年、山崎さんが宇宙に持ち込む衣服類の公募も行った。審査には山崎さんも参加。採用され、搭載された中には、船内生活の快適性を重視したJ―space社製の「宇宙下着」も。洗濯できない環境に合わせ、消臭、抗菌性を重視。テストでは3日間連続着用もクリアした。同じ規格のパンツは、1枚1万500円で2月から限定販売されている。また、キュアテックス社製の“和紙繊維靴下”も搭載。伝統の和紙から作られた繊維を使い、体に優しい仕様だという。

 【関連記事】
山崎さん打ち上げ成功…NASA
武蔵が引退式、紀香らが花束…K―1ワールドGP
紀香、本番でポロリあるかも!?…「キャバレー」でボンデージ下着姿に
藤原紀香が産科医…10月スタート日テレドラマ

舛添氏、新党に不参加、自民役職にもつかず(産経新聞)
<砂川事件>「跳躍上告検討」など外務省公開文書に協議内容(毎日新聞)
イケてる野良着でショー=島根県邑南町〔地域〕(時事通信)
死亡女児に健診受けさせず=虐待発覚恐れ? 姉妹3人は受診−全身にあざ・大阪府警(時事通信)
官民一体で次世代送電網市場開拓 政府協議会発足(産経新聞)
[PR]
by thgm6xzm6c | 2010-04-13 02:57


奇祭「強飯式」 日光市・輪王寺三仏堂(産経新聞)

 「75杯、一粒残さずちょうだいしろ」。山伏姿の僧侶が山盛り飯を食べるよう責める奇祭「強飯式」が2日、栃木県日光市の輪王寺三仏堂で開かれた。

 健康や商売繁盛を願う日光の春の恒例行事。一般公募で選ばれた強飯頂戴人と呼ばれる6人の前には、約5キロのご飯を盛った巨大なおわん。

 強飯式は別名「日光責め」と呼ばれ、山伏が修行場から供え物を持ち帰り、民衆に分け与えたのが起源とされる。

<囲碁>挑戦権獲得目指し対決 本因坊戦リーグ最終戦(毎日新聞)
医療の規制改革、方向性を6月までに提示(医療介護CBニュース)
<郵政改革>亀井担当相の案で決着 預け入れ限度額引き上げ(毎日新聞)
警察庁長官銃撃を不起訴=東京地検(時事通信)
直接支払制度の抜本的改革求める−日産婦学会と産婦人科医会(医療介護CBニュース)
[PR]
by thgm6xzm6c | 2010-04-08 03:29

    

助産師の仕事、一生懸命がんばります。
by thgm6xzm6c
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧